雨漏りの処置

雨漏りでの応急処置の方法

現在では古い住宅が増え、それにともない住宅のメンテナンスが重要になっているのです。メンテナンスでもっとも重要とされるのが、屋根や屋上の防水工事ですが、素人ではメンテナンスのタイミングがわかりにくいため、雨漏りが発生してからリフォームをする人も少なくないのです。ここでは雨漏りしてしまった時の、応急的な処置の方法を紹介していきます。 まず雨漏りを確認したら、どこから雨漏りが発生しているのかをつきとめる事が肝心になるのです。まちがった場所に処置をしても全く意味がないからです。応急に処置をする上で注意しないといけないのは、はしごを屋根にかける場合のはしごの固定です。屋根まではしごで登ろうとした場合、かなり注意してのぼる必要があるのです。

ビニールシートが役立つ

はしごは雨どいなどの金具に、しっかりロープで固定するのが良いです。はしごのたてかける角度にも注意しながら、足場のしっかりした平らな部分にはしごをセットするのが良いです。雨漏りの応急的な処置に必要になってくる部材としては、ビニールシートが最適です。ビニールシートは長期間の雨の防水には不向きですが、応急的な処置であれば、十分効果を発揮することが可能なのです。ただし小さいサイズのビニールシートよりも、大きいサイズのビニールシートを設置する事が大切です。 ビニールシートを屋根の雨漏りする部分にかぶせ、土嚢袋などをビニールシートの上におせ、風でとばされないように固定するのが良いです。またビニールシートをロープでばたつかないように固定する事も大切です。